人材育成に有効な研修制度|社員のスキルアップを支える

多様化している

人材育成の価格は様々です

business man

日本経済も失われた20年を脱しつつあり、各企業では優秀な人材の確保が急務になっています。このような状況の中、人材育成の重要性があらためて認識されています。 人材育成は、実際の業務を通して先輩から後輩に指導されるものも非常に多いですが、それと共に研修を通したものも取り入れられています。 人材育成の最も知られているものは新人研修です。多くの方が、新人時代に受講したことがある社会人のマナー研修といったものです。このような研修は、定番のものであるため研修価格もリーズナブルな価格設定が一般的です。一方、各業界に精通した専門的な研修や、中堅クラス、幹部クラスなどに行う管理能力を延ばす研修や、経営者視点での思考育成研修などは、少人数体制で価格も高いものが多くなっています。

基本的な研修から特化したものへ

画一的な社会人が求められた時代から、創意工夫が重要視される時代に変わったことで、人材育成もより多様化しています。日常の業務をこなすための人材育成の割合は減少し、企業価値の底上げや将来を展望するための人材育成が増えており、そういった視点で社員に先行投資するという企業も増えています。 研修を提供する企業も、このようなニーズを察知し、様々な分野の有名講師発掘に力を入れています。これまではあまり社員教育では取り上げなかった分野についても、発想の転換となるために取り入れる企業も増えており、また、そういったカリキュラムのほうが人気が高いという現状もあるようです。 社員の中には、自己啓発のために、会社で提供されたコースの上級コースを実費で受講する方も多く、相乗効果も生まれているようです。

Copyright © 2015 人材育成に有効な研修制度|社員のスキルアップを支える All Rights Reserved.