人材育成に有効な研修制度|社員のスキルアップを支える

重要な研修

一昔前とは変わった研修

business man

会社に必要な人材を育成することは、会社の利益を産むためにも重要な過程であると言えます。中でも研修は有効な人材育成方法です。企業としての人材育成の方に重きを置いていたので当然の事だと思います。 しかし最近では、同業種の知識や技術よりも、異業種の知識や技術の習得を目的とした研修を行うことが多くなっています。 この傾向が顕著に見られるのは官公庁などの公務関係の業種です。民間のサービスのノウハウや経営の知識など、少し前では考えられなかった研修が多く取り入れられています。 また、その職種の技術や知識の習得というよりは人との付き合い方、とりわけ上司、部下との付き合い方といった一般的な内容の研修も増えてきています。

上手な利用の仕方とは

人材育成のための研修を行う方法は大きく分けて2種類あります。 1つはその分野に精通する講師を招くという方法です。 この方法の利点は一度に同じ内容の研修を大人数で受ける事ができるので、組織の意識統一や、方向性を一つに定めるのに有効です。デメリットとしては費用が高くついてしまうという点、研修を行う際にはどうしても組織全体としての業務が止まってしまうという点があります。 もう1つはセミナーなどに人材を派遣するという方法です。こちらは費用も人数分だけですし、業務に支障をきたす事も少ないでしょう。しかし組織全体を変えるにはどうしても力不足となります。 どちらの方法も人材育成の研修を専門に扱っている企業がありますので、そこに依頼すれば行う事ができます。

Copyright © 2015 人材育成に有効な研修制度|社員のスキルアップを支える All Rights Reserved.